フリー

田中稔の現在は?結婚した嫁や子供は?試合動画や入場曲

プロレスファンの皆さん、こんにちは。
今回は、日本のプロレス界の中でも
ジュニアヘビー級選手の代表格
ひとりといっても過言ではない
といえる田中稔選手にスポットを
当てていきたいと思っています。

田中稔の現在は?


改めて、田中稔選手について
まとめていきたいと思います。

  • 本名:田中 稔
  • 身長:175㎝
  • 体重:85㎏
  • 生年月日:1972年11月29日
  • 出身地:愛知県小牧市
  • 所属:フリー
  • デビュー:1994年1月24日

もともとは、藤原喜明選手が立ち上げ
たプロフェッショナルレスリング藤原
組に入門したことから始まり、格闘探
偵団バトラーズ、新日本プロレスと渡
り歩いて、今現在は特に団体に属する
ことなくフリーの立場で多くの団体の
リングに上がり続けています。

新日本プロレスにおいては、BEST
OF SUPER Jr.の優勝、IWGPジュニア
タッグ、IWGPジュニアヘビー級の
戴冠も果たしています。

また、IWGPジュニアヘビー級の
ベルトは最多連続防衛記録
11度の記録を持っています。

2002年5月には、
IWGPジュニアのシングル・タッグ
2冠王にも輝いています。
リングネームは、本名の田中稔から、
マスクマンのヒート、素顔に戻した時
再度本名、そして苗字を取って「稔」
としても活躍し、2011年10月に
再度本名の田中稔に戻して現在に
至っています。

2019年現在、プロレスリングNOAHを
主戦場にしています。

2011年には、全日本プロレスの
世界ジュニアヘビー級王座を獲得し、
そして、2019年3月に
GHCジュニアヘビー級を戴冠して、
メジャー団体ジュニアシングルベルト
3団体全てを手中にしたことになります。

WRESTLE-1では、クルーザー
ディビジョンチャンピオンシップ
初代王者にもなっています。

ちなみに、IWGPジュニアヘビー級の
連続防衛記録は、2019年8月現在、
2004年に田中選手が成し遂げて以降、
いまだに破られていません

そんな田中選手ではありますが、現在
実はプロレスラーだけではありません。

神奈川県逗子市にあるフィットネスジム
「フィットアネックスZSC」の
パーソナルトレーナーとしても
活動しています。

田中稔の結婚した嫁や子供は?


田中選手は、2001年1月正式に
新日本プロレスの所属になりました。

新日本に所属して1年後の
2002年1月18日に、
元プロレスラーの府川唯未さんとの
婚約を発表する記者会見をしました。

その後の同年6月8日に挙式。披露宴
を挙げています。

実は、府川さんはプロレスラー時代、
アルシオンという団体に所属していたの
ですが、その当時田中選手は、
バトラーズに所属し、アルシオンとは
友好関係にありました。

2000年には、男女混合タッグの
トーナメント戦である
P★MIXトーナメントで二人はタッグを
組んで準優勝の成績を収めています。

事実上、これが二人の出会いになった
のではないかと思います。

しかし、出会って程ない2000年7月16日
の試合中に頭部にケガをしてしまい、
急性硬膜下血腫とクモ膜下出血になり、
一時は生命の危機にもさらされること
もなりました。

幸い、一命はとりとめることができ
ましたが、これが原因でドクタースト
ップがかかることになりました。

結果、2001年3月20日の吉田万里子戦
で引退することになりました。
その後は、タレントとしてラジオやCM
などに出演したり、総合格闘技ジムの
インストラクターに就任するなど活躍
していました。

2004年に長女を出産し、その後も時期は
不明ではありますが、もう一人次女を
出産して二児の母です。
また、2016年自身のブログで甲状腺の
乳頭がんを発症したということを公表
しています。

手術をして1週間ほどで退院していた
とのことで、経過も良好であるとい
えるでしょう。

一時は、お二人の間で離婚話が持ち上
がりました。

しかし、実際には今現在においても離婚
はしていません。

なぜ、離婚の噂が出たのでしょうか?

あくまでも推測の域は出ないのですが、
田中選手の当時のタッグパートナーの
選手が実際に離婚をしてしまったため、
それがダブってしまい、田中選手が離婚
したという誤った情報が流れてしまった
というのが本当のところのようです。

田中稔の試合動画や入場曲は?


では、田中選手の試合動画を見ていき
ましょう。


この試合は、2002年の
BEST OF SUPER Jr.での
エル・サムライ選手との公式リーグ戦です。
今から15年以上前の試合ですが、全く
違和感を感じることがありません。


次の試合は、
2019.3.17 博多スターレーン
鈴木鼓太郎 YO-HEY VS 田中稔 Hi69
です。


そして、入場曲は、
このSILENCEという曲です。

田中選手は、以前はB’zの曲を使って
いましたが、2004年からこの入場曲に
変更しています。

まとめ


田中稔選手についてご紹介しましたが、
いかがでしたでしょうか?

今でも鍛え上げられた身体で若い選手
とも何の見劣りの無い戦いは非常に
驚かされますね。

これからも、変わらぬファイトに期待
しましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です