フリー

真霜拳號の結婚した嫁や子供は?試合動画や入場曲やおすすめポイント!

プロレスが大好きな皆さんこんにちは。

今回は、2AW所属の真霜拳號選手について
ご紹介していきたいと思います。

真霜拳號の経歴は?


引用元:真霜拳號公式Twitterより

真霜拳號選手は
1978年11月25日生まれのプロレスラーで
現在は2AW(旧KAIENTAI DOJO)に所属しています。

2AWの中においては珍しい格闘系の選手で
キックを主体に戦っています。

また、多くのタイトルを獲得している
団体内においても屈指の実力者でもあります。

改めて、プロフィールをご紹介していきましょう。

  • リングネーム:真霜拳號
  • 本名:不明
  • ニックネーム:最凶の真剣
  • 身長:180㎝
  • 体重:98㎏
  • 出身地:京都府舞鶴市
  • スポーツ歴:合氣憲法
  • トレーナー:TAKAみちのく
  • デビュー日:2001年4月27日

真霜選手は、2001年当時プエルトリコ
KAIENTAI DOJOに入団して
デビューを果たします。そして
他の選手よりも先に日本に帰ってきて
格闘探偵団バトラーズに参戦して経験を積みます。

翌年の2002年4月のKAIENTAI DOJO旗揚げに
合流して格闘系の選手と構想を繰り広げ
同年11月には、総合格闘技ZSTの旗揚げ戦に
参加し判定で敗れはしたものの
健闘しました。

2005年、2006年とシングルの
STRONGEST-Kトーナメントで2連覇を果たし
その後RAVE所属となります。

そして、2006年10月にSTRONGEST-K王者のJOEから勝利して
念願の第5代チャンピオンとなりました。

ちなみに、タッグチャンピオンには
前年の2005年初代王者に君臨しています。

また、他団体にも積極的に参戦して
インディー団体を中心に活躍をしていましたが
2012年9月新日本プロレスの
後楽園ホール大会に乱入して真壁刀義選手を襲撃し
鈴木みのる選手率いる鈴木軍入りを果たすことになります。

翌2013年の2月には、新日本プロレスの
中邑真輔選手とシングルマッチも行っています。

その後もKAIENTAI DOJOを本拠地としながら
全日本プロレスなど非常に多くの団体に参戦していきます。

しかし、2017年左ひざ前十字靭帯断裂
および半月板損傷に伴い靱帯再建手術のた
、6月から長期欠場に追い込まれることになってしまいます。

そして、2018年4月KAIENTAI DOJO 16周年大会に復活をして
しかも復帰戦がタッグのタイトルマッチでしたが
なんと一回でSTRONGEST-K TAG王座を奪取する結果を残しました。

そのままいい調子で戦いを進めてきましたが
2019年3月31日、4月から開催される予定だった
全日本プロレスのチャンピオンカーニバルに参戦予定でしたが
右肩腱板損傷・神経損傷のため
欠場に追い込まれることになり2019年8月現在も今欠場を続けています。

復帰時期は今もって決まっていませんが
KAIENTAI DOJOから団体名が2AWに変わっても
大会やファンとの交流イベントには
試合は行わないにしても
姿は時々見せてくれています。

主な得意技は、格闘技を多く
経験してきたということもあってか
ハイキックやニールキック、バズソーキックなどの
蹴り技が中心でしたが
近年では垂直落下式ブレーンバスターが
フィニッシュ技になることが多くなっています。

真霜拳號の結婚した嫁や子供は?

いろいろインターネット上などで
調べてはみましたが、結婚したということや
お子さんがいるということなどが
全く出てこないということでしたので
おそらく真霜選手は今現在独身であると思われます。

ただ、もしかすると私たちには
わからないところで結婚ということが
あるかもしれません。

わかりやすいところでいいますと
新日本プロレスの本間朋晃選手は
首のケガで欠場中今の奥様が
献身的な支えがあったといわれていますので
真霜選手も同じようなことがあるかもしれません。

真霜拳號の試合動画や入場曲は?

YouTubeでは、真霜選手の
試合動画が多く公開されています。

最初は、BigMouth LOUDに
参戦していたころの
真霜拳號& KAZMA VS石川雄規&伊藤博之戦です。

石川選手とは、バトラーズの時に
共にしていただけに
感慨深い試合となったでしょう。

こちらは、2011年9月24日に行われた
華名選手との試合です。

ちなみにファンの方なら
ご存知であると思います。
華名選手というのは
現在WWEで活躍しているASUKA選手のことです。

ちなみに、日本で活躍していたころ
の華名選手は鈴木みのる選手とも
シングルマッチを行っていますね。

真霜選手の入場曲は
『Shadows on the east改』
が現在の入場曲ではありますが
以前は『Shadows on the east』が入場曲でした。こ

ちらでは、今現在の入場曲である
『Shadows on the east改』を載せさせていただいています。

まとめ

ここまで、真霜拳號選手のことに
ついてご紹介してきましたが
いかがだったでしょうか。

KAIENTAI DOJOファンの方からするとご
存知かもしれませんが
実はもうキャリアがまもなく
20年というベテラン選手でもあったんです。

近年では、これまで多くの激闘によって
怪我に多く襲われることによって
欠場を余儀なくされてしまっているのは
真霜選手のファンの方々にとっては
非常につらいかもしれませんが
そんな皆さんのためにもまさに今
真霜選手は復帰に向けて努力を重ねているでしょう。

また再び、あの強烈なキックを
見ることができるように
皆さんと真霜選手の復帰を期待を込めつつも
静かに待つことにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です