フリー

岡田剛史の試合動画や入場曲!結婚や彼女は?ツイッター、インスタがいい!

プロレスファンの皆様、こんにちは
今回は「戦慄のアーム・ロッカー」
異名を持つ岡田剛史選手を紹介します。

岡田剛史の試合動画や入場曲


出典元:http://blog.livedoor.jp/suidobashiisami/archives/5…

岡田剛史選手、プロレスデビューは
2015年4月とまだキャリアとしては
4年余りですが、プロ格闘家としては
2004年10月に修斗でデビューし、
キャリア15年とベテランの域に達しています。

そんな岡田選手のプロフィールはこちら

  • リングネーム:岡田 剛史(本名同じ)
  • ニックネーム:戦慄のアーム・ロッカー
  • 身長:165cm
  • 体重:98kg
  • 誕生日:1979年9月4日(39歳)
  • 出身地:広島県広島市
  • 所属:TKエスペランサ
  • スポーツ歴:レスリング、ブラジリアン柔術
  • デビュー:2004年10月17日

身長から比べると随分と体重が
ありますが、画像で見る限り
太っているわけではないですね、
かなりの筋肉量ではないかと思います。

岡田選手、先述通り元々は修斗で
長らく活動していた選手でした。

2015年4月に自身が立ち上げた
修斗オフィシャルジム、TKエスペランサに
所属したままシアタープロレス花鳥風月
参戦します。

こちらの団体、あまり知られていませんが、
新日を1度解雇された本間朋晃選手
一時期所属したり、元・光GENJIの
大沢樹生さんがプロレスデビューした
団体でもあります。

修斗時代も含めどのような選手かは
試合をご覧ください。

まずは入場テーマからどうぞ!

続いては修斗での試合、対 青山忍選手

まだこの頃は体の線がかなり細いですね。

試合は一言で言うとかなりねちっこい、
相手が嫌がることをする試合スタイル、
組んだ状態であれだけ膝蹴りされると
嫌ですよね~、負けた試合でも
相手に楽に勝たせない印象が強いですね。

ではプロレスへ転向してからは
どうでしょうか?

ZERO1に登場した試合をどうぞ

こちらはNWA認定UNヘビー級
(念の為、全日のUNとは別物です)
王座に挑戦した時のものですが、
体型は修斗の頃よりも大きくなってますね、

グラウンドの攻防や投げ技は
ブラジリアン柔術やアマレスを
経験しているだけにキレがあり
美しいですが、やはりまだレスラーの
パワーに屈している感があります。

この他、動画はありませんが、試合で
葛西純選手がプロデュースした興行に
出場したり、鈴木鼓太郎選手大仁田厚さん
タッグで絡んだり、試合のない日はレフェリーや
修斗の試合の審判もされてるようです。

欲を言えばプロレスのリングであっても、
もっとベースである格闘色の濃い試合を
展開すればもっと存在感を
アピールできそうですね!

結婚はしてるの?彼女は?

出典元:https://twitter.com/hashtag/%E5%B2%A1%E7%94%B0%E5%…
髭があるので分かりづらいですが、
岡田選手よく見るとかなりイケメンです!

年齢も今年で40歳と結婚してても
不思議ではありませんので、
奥さんや彼女はいるのか気になり、
調べてみましたが、どこを探しても
それらしい記述や画像もありませんでした。

よって、今現在「結婚はしていない」
思われます。

岡田剛史のTwitter、インスタがおもしろい!

出典元:https://twitter.com/okada244

岡田選手、自身の近況などをこまめに
ツイートしております。

ほとんどが大会のPRが多いのですが、
時折、こういうツイートも見れますよ!

Twitterだけでなく、Instagramでも
こんな優しい顔の画像が見れます!

https://www.instagram.com/p/BzMJcFLB4SH/

一瞬、岡田選手のお子さんかな?と
思いましたが、知り合いのお子さんを
抱っこしていただけのようです。

どちらもとてもほんわかした内容なので
皆様も良かったらご覧になってくださいね!

まとめ

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E7%94%B0%E…

11年間主戦場にしていた修斗のリングを
後にし、プロレスへと移った岡田選手、
プロレス入りを考えたきっかけは
なんだったのでしょうか?

修斗時代の戦績を調べていると
ある点に気づきました。

それは2011年と2013年、
試合をまったくしておりません。

ここからは調べがつかなかったので
憶測に過ぎませんが、怪我などに
悩まされた故のプロレスへの転向なのか、
それとも修斗自体が試合の開催が厳しい
状態であったのか、色々と考える所は
あります。

岡田選手自身の口から語ってほしいなと
思うところでもあります。

プロ修斗でのデビューも25歳と
割と遅い年齢でもありますし、
もうすぐ40歳になるので、
若手の年齢でもありません。

選手としては1日1日が勝負でしょうし、
2019年に入ってからは大会において
レフェリーの回数が多いことからも、
もしかしたら審判や指導者の道へと
考えているのかもしれませんね。

全力で動けるうちにドラゲーなどの
団体で体格的にも同じくらいの
選手との試合も観てみたいですね!
そこで見事なアームロックを
極めちゃってください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です