フリー

竹田誠志の結婚した嫁や子供は?試合動画や入場曲、傷やハサミとは?

みなさまこんばんは。

今回はクレイジー・キッドこと竹田誠志の特集です。

中学生のころからデスマッチに憧れ、デスマッチのリングで戦い続ける、
今、最も危険な男を紹介していきます。

結婚した嫁や子供は?


(出典元)https://www.townnews.co.jp/0304/2017/08/31/396376.html

突然ですが、竹田は6月12日、
自身のツイッターで結婚式を挙げた事を発表しています。
おめでとうございます!


(出典元)竹田誠志Twitterより

本人のコメントにもあるように、すでに昨年の春に入籍していたようです。
奥様は3歳年下の「ゆか」さんという方です。小柄で可愛らしい方ですね。

結婚はしましたがこれからもプロレスラーそしてデスマッチファイターとしての
スタンスは何も変わりません。これからも無茶して良い血流して頑張って行きます
ので皆様暖かく見守って頂ければ幸いです。今後共皆様宜しくお願い致します。

と自身のブログでコメントしています。奥様の為にも、大きな怪我だけはしない
ように頑張って欲しいです。

子供に関しては、「12号」という名前のフクロウを飼っていて、
我が子のように可愛いがっていますが、まだ人間の子供はまだいないようです。
まだ新婚さんなので、これからって感じでしょう。

試合動画を紹介


(出典元)https://azrena.com/post/24/

それでは試合動画を紹介します。

あまり彼の試合を観たことがない方のために、ダイジェスト版を紹介します
閲覧注意です!過激な攻撃と流血シーンが多いのでご注意ください。

痛そう…。ヤバい…。と顔を背けるシーンが幾度もあったかと思いますが、
そうです!これが竹田誠志なんです!

普通ならば凶器攻撃を受けたくないから、逃げ腰になりがちなんですが、
むしろ凶器に立ち向かっていってます!

竹田がいかにクレイジーで狂気に満ちているかが分かりますね。
むしろデスマッチを楽しんでいるかのようにも見えます。

血を流すこと、傷つける事、自分を限界まで痛め続けたうえで勝利する事。
それこそがデスマッチの醍醐味と竹田は言っています。

続いての動画です。こちらはデスマッチルールじゃない普通のシングルマッチです。

竹田は、田村潔司が指導するU-FILE  CAMPというジムの出身で、総合格闘技の試合に
出場してました。なのでレスリングの基礎はしっかりできているので、凶器がなくても
充分に魅せる試合を作る事ができます。

竹田は試合の組み立てがしっかり出来ているから、凶器があってもなくても
盛り上がるんだなって思います。

逆に凶器攻撃をして流血をしても、組み立てが下手でちっとも試合が盛り上がらない
試合もいっぱいありますからね。

ちなみに入場曲は、マキシマムザホルモンの「ロッキンポ殺し」という曲です。

竹田誠志の傷やハサミとは?


(出典元)https://ddnavi.com/interview/480812/a/

有刺鉄線、蛍光灯、ガラスボード、剃刀ボード、画鋲、剣山、カッターナイフなど、
たくさんの凶器攻撃を受けまくってる竹田の身体は傷だらけです。
特に上半身と腕の傷の数は日本一、いや世界一言っていいほどです。

ご覧ください!この身体中の傷!


(出典元)kmaxjapanさんInstagramより

試合後は背中も額もズタボロになり、おびただしい流血か流れています。
色々な凶器の中でどれが痛いんでしょうか?どれくらい痛いんでしょうか?

竹田は凶器にについてこう語っていました。

僕が嫌なのはガラスですね。強化ガラスをコーナーに2枚立て掛けて、
そこに向かって相手選手を投げたりするわけです。蛍光灯は割れても破片が
小さいので、切れても深い傷にはなりません。
でもガラスの場合は破片が大きく、鋭利なので皮膚がえぐれるんです。
だから治りも遅いですし、出血量も多いです。

あとは画鋲ですね。いくらアドレナリンが出ていて、痛みに鈍くなっているとはいえ、
手や足に刺さると神経が通っているので我に戻ります(笑)

想像してたけどやっぱり痛いんですね。そりゃそうですよね……。

そして最近、竹田は新しい凶器としてハサミを多様するように
なりました。

プロレスの歴史においてハサミは昔からあるのイメージがあるので、
「新アイテム」と予告してハサミを出した時はそれほど鮮度を感じませんでした。

しかし、狂気を持つ竹田が繰り出すハサミ攻撃はまさに新鮮そのもの。
これまで見たハサミとはエゲツなさがひと味もふた味も違いました。


(出典元)@mjk_pw100さんTwitterより

まず我々が日常で使うハサミとは比べ物にならないほど、
大きく、そして鋭利なんです!

もはや文房具の域を超えた刃物ですよね。

ハサミの鋭利な先端で額を突き刺したり、ハサミを広げてカッターナイフのように
スライドさせて相手を切りつけるなど、その使い方は多種多様です。

また、写真のようなハサミボードを作り、これで攻撃したり、このボードに
落としたりもしてます。


(出典元)竹田誠志Twitterより

この上に落とされた吹本賢司は、背中にハサミが突き刺さり、
病院送りに
なりました。

身近にあるハサミがこんなにも怖い殺人凶器に変わるとは恐ろしい…。
それくらい狂気に満ち溢れた竹田のハサミ。今では彼の代名詞にもなっています。

誰もが知ってる凶器で痛みを伝え、非現実を見せる竹田のデスマッチ。
凶器攻撃や流血はちょっと……と食わず嫌いをしている方もいるかもしれませんが、
逆に「人間って凄いな」「生きるって凄いな」って思う事ができます。

マンネリした日常に新たな刺激が欲しいなって方は、勇気を持って
竹田誠志を観てみて下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です