暗黒プロレス666

ラム会長の現在や素顔は?復帰や親がすごい?試合動画や入場曲!

プロレスファンの皆さん、こんにちは。

今回は、暗黒プロレス組織666に所属
している

ラム会長

についてご紹介していきましょう。

新日本プロレスや、スターダムと
いったいわゆるメジャー団体とは全く
真逆の超インディー団体がこの
暗黒プロレス666なのですが、
かなりのマニアの方でなければ
団体自体も知らないという方も
多いと思います。

そんな団体に所属するラム会長ですが、
どんな選手なのかなどについていろいろ
見ていただきます。

ラム会長の現在や素顔は?


まずは、プロフィールからご紹介して
いきましょう。

  • 本名:非公開
  • 身長:小さい
  • 体重:軽い
  • 誕生日:4月14日
  • 出身地:魔界の都会
  • 所属:暗黒プロレス666
  • デビュー:2005年3月6日

ラム会長は2005年3月、
暗黒プロレス666大阪アゼリア大正・悪夢
の大阪大会で顔面に白黒のペイントを
塗った史上最年少の
小学生女子プロレスラー
としてデビューをしました。

某弱無人なヒールレスラーとして活動
しており、小学生女子プロレスラーと
して朝の情報番組「スッキリ」で紹介
もされていました。

顔のペイントは、基本白塗りで、目と
唇だけは黒で塗られています。

暗黒プロレス666においては、ラム会長
こそが象徴であり、頂点に君臨している
という設定になっています。

しかし、デビュー当時は小学生である
ことは公表してはいるものの、いったい
何年生なのかということは一切わかりません。

それでも、デビューから2年を過ぎた
ころの2007年、今では世界に
飛び回っている里歩(当時はりほ)選手
が同じ小学生レスラーだった時
シングルマッチを行っています。

里歩選手は、当時小学校4年生で
デビュー2年目の時でしたので、
ラム会長の方が1年先輩ということに
なります。

2009年1月には引退を発表するの
ですが、その年の8月には再び
里歩選手とシングルマッチを行っています。

そして、12月23日に引退試合を迎える
のですが、ラム会長自身のあこがれの
選手であったTAJIRI選手を迎えて
4WAYマッチを行って引退をしました。

しかし、2016年10月28日、
暗黒プロレス666に7年ぶりに復活をし、
活動再開を表明します。

ちなみに、暗黒プロレス666という
団体には、試合を観戦するにあたり観客に
対してルールが決められています。

それは、試合の撮影禁止、SNSへの書き込み禁止
というこのプロレス界をもっと盛り上げようと
している流れからを全く無視した逆路線を
行っている団体なのです。

もともとは、試合自体がなかなかの
放送禁止レベルであるということ、
メインベントに至っては、特に何らかの
メディアに掲載されることができない
ようなことが必ず起きてしまうために、
拡散が禁止されているということなのです。

話が少しそれてしまいましたが、そんな
暗黒プロレス666の2019年6月6日新木場大会
において、明にベントの後、アイスリボンに
所属している星ハム子選手、宮城みち選手
からラム会長にアイスリボン参戦
お願いされるという出来事がありました。

その際にラム会長は、驚きの発言をします。

なんと、アイスリボン代表であり、
エースでもある藤本つかさ選手との
シングルマッチを要求したのです。

その要求に対してアイスリボン側は、
承諾して対戦が決まります。

しかし、藤本選手は先ほども触れたように、
ラム会長の試合映像などの情報が全く
ない状況でラム会長がどんな試合を
しているのかも全くわからないのです。

しかも、ラム会長は
「女子プロレスの戦いに付き合う気はない」
とも発言しているため、藤本選手の心を
思いきりかき乱したのです。

この時点での心理戦ではある意味
ラム会長の方が一歩リードといった
ところでしょうか。

実際の試合では、序盤は藤本選手の
攻撃をすかすふりをしてくるのですが、
徐々に藤本選手の攻撃を真っ向から
受けるようになり、フォールを
取られそうになっても必死に肩を
あげていく様は観客も引き込まれる
展開になっていきます。

最後は、キャリアなどで上回る藤本選手
の勝利になりましたが、
「女子プロレスのリングでの試合が楽しかった」
というような発言をして、アイスリボンへの
定期参戦も決まり現在も活躍しています。

ただ、デビューという点ではラム会長の方が
3年先輩ですが年齢はおそらく藤本選手の方が
年上です。

ラム会長の素顔についても興味があるという
方も多いと思いますが、こちらの写真をご覧
いただければと思います。

結構かわいい方ですね。

ラム会長の復帰の理由や親もすごいって!?


ラム会長は先ほど触れたように一度引退の後、
7年の年月を経て復活を果たしたのですが、
なぜこの時期に復帰をしたのでしょうか?

2009年の引退後、プロレスからは遠ざかって
いましたが、暗黒プロレス666の創始者でも
あるザ・クレイジーSKBさんが病に倒れ、
のちに社長になった華名(現:WWEのASUKA)選手も
WWEにいくことになって社長を辞任すると
いうことになって団体存続のピンチになったため、
それを救うべくム会長自ら立ち上がった
いうことです。

そんなプロレスラーのラム会長を育て上げてきた
親御さんも本当にすごい方なのではないでしょうか。

ラム会長の試合映像や入場曲は?


では、試合映像から見ていただきます。

アイスリボン
2019年6月30日
ラム会長VS藤本つかさ

ダイジェスト版で他の試合もあります。

続いて入場曲です。

椎名林檎さんの歌舞伎町の女王です。

まとめ


今回はラム会長についてご紹介して
きました。

デビューは早いですが、ブランクも
あって、実際にまさにこれからと
いうラム会長です。

アイスリボンなどでどこまで更なる成長を
していくことができるかは非常に注目です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です