フリー

成瀬昌由の現在や結婚した嫁は?試合動画や入場曲!

プロレスファンの皆さん、こんにちは。

今回は、リングスから新日本プロレス
で活躍していた

成瀬昌由さん

についてご紹介していこうと思います。

近年は、ほとんど試合では見ることが
できなくなってきたのですが、
どのようにしているのでしょうか。

成瀬昌由のこれまで


まずは、プロフィールからご紹介
していきましょう。

  • 本名:成瀬昌由
  • 身長:173㎝
  • 体重:90㎏
  • 生年月日:1973年3月15日
  • 出身地:東京都杉並区
  • 所属:ロンドベル
  • スポーツ歴:空手
  • デビュー日:1992年8月16日

成瀬さんは、高校時代から空手を始め、
松濤館空手初段を持っています。

1991年に前田日明さんのリングス
第一回新人テストに合格して、
1992年8月にデビューをしました。

軽量級の選手だったのですが、空手の
経験から習得した打撃技と、前田さん
直伝の関節技を武器に対戦を重ねて
いきます。

1993年ごろには実験リーグという試合が
よく行われていたのですが、ここでの
試合は名勝負を重ねていて
「実験リーグ男」との異名
持っていました。

1997年には、リングスの軽量級王者を
決定する「トーナメント21」で優勝し
初代王者に就くことになります。

その後2度の防衛を果たすのですが、
それまでの試合で負ったケガに
悩み続け、欠場や復帰を続けてきた
のですが、1999年6月の試合を
最後に椎間板ヘルニアのために
長期欠場を強いられてしまいました。

ケガに伴い、手術とリハビリを経験し、
2001年3月に復帰戦を行い見事
一本勝ちで勝利を収めました。

その後、リングスを退団し、
新日本プロレスを主戦場に移す
ことになります。

初参戦となった7月の札幌ドーム大会で
いきなりIWGP Jr.ヘビー級選手権
挑戦し、田中稔選手を相手に勝利
収めました。

しかし、10月の東京ドーム大会で
石沢常光選手を相手に防衛戦を行った
のですが、伝説にもなっている
試合時間が26秒という短期決戦で
王座を失うことになります。

その後、全日本プロレスにも参戦し
アジアタッグ王者を戴冠し2度の
防衛も飾りました。

途中、新日本の選手が総合格闘技系の
試合に参戦することが多くなって
きていたため、その際の練習パートナー
として常に帯同することになって
いました。

永田裕志、ケンドー・カシン、
安田忠夫、獣神サンダー・ライガー、
矢野通(敬称略)などの練習パートナー
や本番でのセコンドに就いて徹底的に
バックアップを行っていました。

こういったところは、プロレスと
総合格闘技の大きな違いもあった
でしょうが、本格的なセコンド業務という
こと自体を務めることができる人材が
新日本には不足していたということも
事実あります。

もともと格闘技系の団体に所属していた
成瀬さんは経験も大変豊富であったこと
は大きな貢献をしていたといえるでしょう。

2006年1月に新日本を退団し、フリーと
して活動が始まります。

フリーになってからも、格闘技系の
試合に参戦していくことになり、
2013年10月の菊田早苗選手との
ノーグローブマッチで対戦を行ったり
していました。

2014年からは、パンクラスに参戦する
ことになりましたが、3月30日の
近藤有己選手戦を最後に試合から
離れています。

成瀬さんご自身は、引退を宣言している
ということではないのですが、実際に
ここ数年間全く試合も行っていませんし、
今後も出るのではというような話も
出てきていませんので、事実上の引退
状態であるといえます。

成瀬昌由の現在は?


成瀬さんは現在、株式会社REZAEVという
会社を立ち上げて社長さんとして活動
していらっしゃいます。

こちらの会社では、パーソナル
トレーニングジム・リザエヴという
パーソナルジムを開業して成瀬さん
自身も代表トレーナーとして活動
しながらも、部下となるトレーナーも
雇いトレーナーの養成にも努めています。

ただ、成瀬さんご本人もブログで
このように綴っています。

「リングorゲージに上がって闘いたいと
いう気持ちは実はまだまだ持っており、
気持ちは全く萎えてはおらず、心から
燃えられる相手がいれば、選手として
戦いたいとは大いに思っていますが、
現時点での立場と現状がそれを許さない
のが現実でもあります」(原文ママ)

この葛藤を常に感じながらも、ジムの
経営者としての立場で毎日今は過ごして
いるようです。

成瀬昌由の結婚した嫁は?


成瀬さんは、2014年11月22日に結婚式を
挙げたということがわかっています。

ただ、成瀬さんのブログから公表を
していませんでした。

格闘技選手仲間であった金原弘光さんの
Twitterで触れられています(現在は削除)。

しかし、これ以上の情報がなく、
詳しいことはわかりません。

成瀬昌由の試合映像や入場曲は?


まずは、試合映像です。

2001年7月20日 札幌ドーム
IWGP Jr.選手権
成瀬昌由 vs 田中稔

新日本デビュー戦のタイトルマッチです。

2001年10月8日 東京ドーム
IWGP Jr.選手権
成瀬昌由VSケンドーカシン

これが秒殺敗戦を喫してしまったIWGP戦です。

続いて入場曲です。

B’zの「ウルトラソウル」です。

新日本参戦時当初は、これで入場して
いました。

たびたび変更していますが、基本的には
B’zの曲です。

まとめ


今回は成瀬昌由さんをご紹介しました。

今はパーソナルジムのオーナーさんと
しての活動がメインになっていますが、
引退はしていませんし、相手がいれば
闘う姿勢は変わっていないようですので、
ぜひまたそのようなときが来るといいな
と思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です