引退後レスラー

小畑千代の現在や画像や試合動画や入場曲!結婚や旦那は?

プロレスファンの皆さん、こんにちは。

今回は、女子プロレス創成期を過ごし
ていたまさに伝説の女子プロレスラー
といっても過言ではないといえる小畑
千代について見ていただこうと思
っています。

小畑千代のこれまでの足跡


まずは、プロフィールからご紹介して
いきましょう。

  • 本名:小沢千代子
  • 生年月日:1936年3月5日
  • 身長:160㎝
  • 体重:63㎏
  • 出身地:東京都台東区
  • 所属:東洋女子プロレス
    →日本女子プロレス
    →国際プロレス
  • デビュー日:1955年1月
  • 引退日:1976年(事実上)

小畑さんは、当時はストリップ劇場で
有名で、今は落語中心の浅草演芸ホー
ルと並ぶ漫談や漫才などの演芸場とし
て運営しているフランス座(現在は浅
草フランス座演芸場東洋館)で知られ
東洋興業が旗揚げした東洋女子プロ
レスでデビューをしました。

妹の小畑紀代(本名:小沢清子)さん
も同じ団体のプロレスラーでした。

10年以上、東洋女子プロレスで活躍
をしていたのですが、1968年日本
女子プロレスの分裂騒動で全日本女子
プロレスへの選手流出が後を絶えずそ
れに頭を悩ませていた日本女子プロレ
スが小畑さんに入門を呼び掛ける形で
エースとして指名されたうえで入団を
しました。

入団して間もなく、外国人レスラーを
破ってIWWA世界王座を奪取したの
ですが、この試合を東京12チャンネ
ル(現:テレビ東京)が録画ではあっ
たのですが、24.4%という当時の
局における最高視聴率を記録していま
す。

最終的には、日本女子プロレスは解散
をすることになるのですが、解散後は
いったん休業期間を経て国際プロレス
の女子部に入団することになります。

佐倉輝美さんとともにタッグの王座を
戴冠して、1976年の女子部が解散
するまで活動をしていました。

1976年以降は、佐倉さんとともに
東京の浅草3丁目で「BAR さくら」
を営業しています。

小畑千代の現在は?


直前でもお伝えしたように、今は国際プ
ロレスで共に戦ってきた佐倉輝美さんと
ともに、「BAR さくら」を営業して
いるのですが、1976年からこの現
在まで40年以上にわたって今なお営業
し続けています。

お店自体のホームページを持っているわ
けではありませんが、今でも閉店してい
るというような情報は特に無いようです
ので、本当にすごいことではないでしょうか。

ただ、長く浅草の地で営業しているとい
うことなのでしょうか、なかなかの特徴
あるお店となっています。

その一端として見えてくるのは、小畑さ
んらが入ってくるお客さんを見て、気に
入らないということになれば、中にさえ
入れてもらえないという徹底ぶりなんだ
そうです。

ただし、一方で気に入ってもらいさえす
れば、現役時代のビデオを見せてもらえ
ということらしいですので、ぜひ気に
入ってもらえるように気を付けながらお
店に行ってみましょう。

ちなみに、佐倉さんの方はプロ野球が大
好きで、その中でも読売ジャイアンツの
大ファンですので、仮にアンチ巨人とい
う方であっても、お店に行かれる際には、
アンチぶりをひた隠していくようにする
といいのかもしれません。

小畑千代の驚きのエピソードの数々とは?


こんな超レジェンドの小畑さんですから、
いろいろなエピソードがあるようです。

「男性同士がけんかしていたので、仲裁
に入った時、大の男3人を束にして投げ
たことがある」というものがあったので
すが、かつての東洋女子プロレスという
のは、どちらかというと少しセクシー路
線を敷いていたというような話もある中
で、これはさすがプロレスラーといえる
ようなことではないかと思います。

「ジャパン女子プロレスが旗揚げされた
ころ、かつてご自身が保持していたベル
トを持ってきて、王座の復活を訴えて、
持ってきた太平洋岸タッグ選手権はジャ
パン女子プロレスのタッグ王座として復
活した」女子プロレスには

男子よりも
歴史が長いということや、このベルトが
あったからこそこれまでの女子プロレス
の歴があったという重みを感じてもらい
たいという女子プロレスに対する愛の深
さからなのでしょうか、とてもいいエピ
ソードといえるでしょう。

2015年5月から評伝『戦う女の戦
後史 女子プロレスラー・小畑千代』が
連載されるほどの歴史を持つ女子プロレ
スラーであるということがよくわかるエ
ピソードで、今は単行本化されています。

小畑千代の試合映像や入場曲は?


それでは、小畑さんの試合映像を見てみ
ましょう。

国際プロレス 昭和50年1月6日
東京・後楽園ホール
45分3本勝負
小畑千代&千草京子
vsスーザン・グリーン
&ペギー・パターソン

これ以外の試合も掲載されていますの
で、当時の国際プロレスの様子を確認
できる貴重な映像です。

国際プロレス 昭和49年11月4日
東京・後楽園ホール
小畑千代&佐倉輝美
vs ビッキー・ウィリアムス
&ドナ・クリスチーヌ

マイティ井上さんの小畑さんに対して
のコメントも掲載されているこれまた
貴重な映像です。

入場曲は、時代的にも探すことができ
ませんでした。

まとめ


今回は、女子プロレス界のレジェンド
中のレジェンドともいえる小畑千代さ
んについてご紹介していきましたが、
いかがでしたでしょうか。

引退自体も相当昔ですので、なかなか
調べきることができなかったかもしれ
ませんが、今でも40年以上にわたって
飲食店を営業されているということは
さすがに驚かせました。

これからも浅草で元気なお姿を見せ続
けていただきたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です