引退後レスラー

みなみ鈴香の現在は焼き肉屋?試合動画や入場曲や昔の筋肉がすごい!

プロレスファンの皆さん、こんにちは。

今回は、全女全盛期のころ大活躍を
していた

みなみ鈴香さん

についてご紹介していこうと思って
います。

もう引退されてから20年以上たつの
ですが、現在はどのようなことを
されているのでしょうか?

それでは、最後までご覧ください。

みなみ鈴香のこれまでと現在は焼肉屋?


まずは、プロフィールからご紹介
していきましょう。

  • 本名:鈴木美香
  • 身長:173㎝
  • 体重:62㎏
  • 生年月日:1969年4月18日
  • 出身地:千葉県安房郡富山町(現:南房総市)
  • デビュー日:1985年7月12日
  • 引退日:1995年5月7日

みなみさんは、中学卒業後、
全日本女子プロレスに入団
1985年7月に6人タッグマッチで
デビューを果たします。

昭和60年組でスター選手の集まり
といってもいいほどの年で、同期には、

北斗晶(宇野久子)、浅生恭子、神崎文枝、
堀田裕美子、西脇充子、中島小百合、
岡林理恵、坂本あけみ、
グリズリー岩本(岩本久美子)、
影かほる(田口かほる)、
ドリル仲前(仲前芽久美)、石黒康子

というタレントぞろいの年です。

デビューから3年後の1998年、
当時の宇野久子さんとのタッグ
タッグリーグ・ザ・ベストで優勝
果たし、これがきっかけで
「海狼組(マリンウルフ)」という名
のタッグチームを結成します。

このタッグ結成時に宇野さんは北斗晶に、
みなみさんは鈴木美香からみなみ鈴香と
リングネームの変更をしました。

その後は、シングル戦線にも名乗りを
上げてWWWAオールパシフィック選手権
を豊田真奈美さんから奪取するなどの
活躍も見せていました。

毎年行われていた
タッグリーグ・ザ・ベストにおいては、
毎年タッグパートナー(堀田祐美子・
ブル中野・伊藤薫など)を変えながら
も優勝はできなかったものの、存在感は
十分に発揮していました。

1993年ごろからは、LLPWをはじめ
とする多団体との団体対抗戦が注目を
集める時期で、みなみさんは、主に
LLPWとの試合に出場することが
多かったです。

この年に行われた
「夢のオールスター戦」では、
三田英津子選手と組んで
LLPW風間るみ選手・半田美希さんとの
タッグマッチ、第2戦はハーレー斎藤さん
とのシングルマッチが組まれました。

第1戦は惜しくも見た選手がフォール
を取られてしまいましたが、第2戦の
シングルマッチでは、パワーボム
2連発からトップロープに登って
ダイビングセントーンで見事フォール
勝ちを収めます。

この試合の攻防のレベルの高さは、
業界内でも大絶賛するほどの好勝負で、
ファンも非常に興奮させられる試合に
なっていました。

この先も団体対抗戦が続く中も、
当然全女の中での争いも過熱して
いく中で、1995年渡辺智子選手とのタッグで
ラス・カチョーラス・オリエンタレス
三田英津子&下田美馬組の
UWA世界女子タッグ選手権に挑戦します。

試合はみなみさんらが善戦をするも、
三田選手のデスバレーボムにみなみさんが
自ら沈むことになって敗戦を喫して
しまいました。

これが最終的なきっかけといいますか、
とどめを刺す形になったかは
わかりませんが、引退を表明すること
になります。

ただ、この引退発表があまり見ること
のない状況で行われていました。

試合に勝利したラス・カチョーラス・
オリエンタレスの二人の表彰式が
終わった直後に、表彰式のためにリング
にいた当時の植田信治コミッショナーに
引退の意思を伝え、それをコミッショナー
が会場にアナウンスするという何とも
控えめな発表になりました。

引退発表からひと月半後の
1995年5月に引退試合
(堀田選手とのタッグで、三田・下田組
との対戦)を行います。

この試合自体は、みなみさんが下田選手に
フォール勝ちを収めるのですが、
これだけでは終わりません。

この試合の後、「ちょっと待った!」
ブルさんと北斗さんがサプライズでリングに
入ってきて、3分間エキシビジョンマッチが
急遽決定するのです。

みなみ鈴香・北斗晶VSブル中野・堀田祐美子

ファンからしてみれば、超黄金カードとも
いえるカードで3分限定はとてももったいない
ものでしたが、これを経て無地に引退を
することになります。

引退後は、結婚をして
東京都目黒区武蔵小山で焼肉店を
夫婦で開業していたのですが、
2016年の年が明けたころに閉店して
今は地元である千葉県に戻っている
ということです。

みなみ鈴香の昔の筋肉がすごい!?


みなみさんは、同期の堀田選手や
北斗さんからも、
「彼女のプロレスは教科書」
言わしめるほど基本に忠実で技も
的確でかつ美しく、精度も高いものでした。

技の失敗も極めて少なく、地味ながらも
玄人受けするレスリングをしていた選手
でかつ受け身の達人でもあったので、
ケガも少なかったのかもしれません。

ということは、トレーニングがしっかり
されているすなわち筋肉がすごい
ということだったのでしょう。

日々のしっかりとしたトレーニングと
体調管理の結果が、すごい筋肉とケガ
をしにくい身体を持つことができたと
言えます。

みなみ鈴香の試合映像や入場曲は?


では、試合映像から見ていきましょう。

995年5月7日
後楽園ホール
みなみ鈴香・堀田祐美子
VS三田英津子・下田美馬
3分間エキシビジョンマッチ
みなみ鈴香・北斗晶
VSブル中野・堀田祐美子

先ほども触れた引退試合2試合です。

試合前のインタビューから見る
ことができます。

次は、入場曲です。

Moment of Passion

という曲です。

まとめ


今回は、みなみ鈴香さんをご紹介
してきました。

今は、焼肉店をたたんで地元に
帰られているということで、詳細な近況は
わからないのですが、ダンプ松本さんや
同期の北斗さんや堀田選手とは今でも
連絡を取っているのであれば、
また近況を報告してもらえるときも
あるかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です