引退後レスラー

バッドナース中村の今現在!結婚や彼氏は?試合動画や入場曲!

プロレスファンの皆さん、こんにちは。

今回は、FMW女子部でヒールレスラ
ーとして活躍してきたバッドナース中
さんの現在などについてご紹介して
いきたいと思っています。

プロレス引退後、かつての団体のトッ
プだった大仁田厚さんもビックリの意
外な活躍ぶりについても見ていただき
たいです。

バッドナース中村のプロレスラーとしての活躍を振り返る


まずは、プロフィールから見ていただきます。

  • 本名:中村理恵
  • その他過去に名乗っていたリングネーム:中村理恵、ナース中村、RIE
  • 身長:160㎝
  • 体重:62㎏
  • 生年月日:1974年2月1日
  • 出身地:大阪府大阪市
  • デビュー日:1990年12月22日

中村さんは、高校を中退してFMWに
入門をすることからプロレスラー人生
が始まります。

FMWの女子2期生として、
1990年の年末にまずは本名でデビ
ューを果たします。

途中、看護婦というキャラクターを使っ
てリングネームを「ナース中村」に変更
し、当時糖尿病を持病で持っていたミス
ター珍さんとのタッグでは、試合前に診
察をするという一連の流れで笑いを得て
いました。

しかし、FMWという団体がデスマッ
チ路線に転換をしていくと、これでは存
在自体がかすんでしまうという危惧から
ヒールターンをして顔にはペイントを施
し、鎖鎌を握りしめ変身し「バッドナー
ス中村」のリングネームに2度目の改名
をします。

バッドナース中村というリングネームは、
過去新日本プロレスなどで活躍していた
「バッドニュース・アレン」をもじって
使用していたとのことです。

デビューから4年少々経過した
1995年3月30日、前年の年末に
前王者だった鍋野ゆき江さんが返上した
FMW女子の最高峰ベルトであった
WWA&インディペンデント・ワール
ド・女子王座の2冠王座の王者決定戦で
工藤めぐみさんから勝利を収め、初のベ
ルト戴冠となりました。

2か月後の5月には、工藤さんとのリベ
ンジマッチに敗れ、王座を明け渡すこと
になりましたが、全女から移籍してきた
スターのひとりだった工藤さんから一度
はシングルマッチで勝利を得たという事
実は残りますので、大きなことだといえ
ます。

1998年4月30日FMWを退団
て、フリーとして「RIE」のリング
ネームで再び改名をして
GAEA JAPANを主戦場として、
GAEAの絶対的エース長与千種さん
との抗争で何度も流血戦を繰り広げて
いました。

しかし、2000年6月にもともと持
っていた「頚椎のケガがしんどくなっ
てきて」きたため、引退を余儀なくさ
れます。

引退後は後進の育成に


引退後は、中山香里選手の非常勤講師
としてOZアカデミーに参加したり、
健介オフィスのアシスタントマネージ
ャーとして参加したり、地元大阪の大
阪女子プロレスではコーチとして後進
の育成に尽力をしていました。

2011年には、FFFプロレスリング
の旗揚げ興行でバトルロイヤル戦で現
役復帰を果たしますが、その後はほと
んど選手としての出場をすることなく、
勝利者賞のプレゼンターなど、裏方や
ゲスト的役割で女子プロレス界を支え
てきたといえるでしょう。

プロレス界に関わりながらも実は!?


そんな中村さんではありますが、プロ
レス界にかかわりを持ちながらも、別
の顔も持っています。

それは、ホテルウーマンとして働いて
いるのです。

大阪の難波エリアにある歓楽街のひと
つ宗右衛門町にあるイビススタイルズ
大阪難波(旧:メトロThe21)と
いうビジネスホテルで「料飲部マネー
ジャー」の肩書でお仕事に励んでいら
っしゃいます。

過去には流血戦の構想を繰り広げた長
与千種さんも泊まりに来た時にはたい
そう驚かれていたそうです。

また、かつての師匠だった大仁田厚さ
んも大阪に来る時には、定宿にしてい
るほどで会うたびに「お前が一番変わ
ったな」といわれるそうです。

入社したのは、2008年なのですが、
その一年前には、大阪市内のスイミン
グスクールでインストラクターをして
いたそうで、その時の知人からアルバ
イトとしてホテルの仕事を紹介しても
らい、その時は週一回の勤務から始ま
ったのですが、仕事ぶりを上司の方々
に認められて、正社員として採用され
ました。

プロレスラーとは全く畑違いの仕事内
容でもありますので、中村さんからし
てみれば、そのすべてが初めてのこと
ばかりで途中、胃潰瘍にもなったこと
もありながらも、料飲部のマナージャ
ーにまで上り詰めてきました。

こういった流れは、プロレスラー時代
と何となく似ているように感じるのは
私だけではないと思います。

主な仕事は、企業などに対して宴会の
営業や宿泊客の朝食管理、夏場はバイ
キングビヤホールの営業もやっている
とのことです。

また、スタッフの方々のシフト構成や
メニューについても任されており、
タッフや上司からの信頼も厚いです。

このホテルは300室を超える部屋数
を持っているため、このエリアでも
1、2を争う大型ビジネスホテルです。

バッドナース中村の試合映像や入場曲は?


では、試合映像から見てみましょう。

FMW大阪府立体育会館第2競技場
YAMATO NADESHIKO Ⅲ
1996年4月4日
バッドナース中村VS下田美馬

全女の下田選手に全く臆することなく
挑む中村さんは圧巻です。

GAEA後楽園ホール
1995年7月29日
長与千種VSバッドナース中村

序盤の長与選手のインタビューを聞く
といろいろな歴史を感じることができ
るので、最初からじっくりご覧くださ
い。

入場曲は、
「What a feeling」
あのフラッシュダンスのテーマ曲で有
名なあの曲です。

まとめ


バッドナース中村さんについて見てい
ただきましたがいかがだったでしょう
か?

ヒールとして活動をしていたのですが、
実はしっかりとレスリングもできる
いうのは人気の要因ではないかと思い
ます。

先程の長与選手との試合を見てもお分
かりの通り、長与選手も認めるほどで
す。

中村さんのお姉さまは、長与選手の親
衛隊長だったそうです。

そんなつながりがある中で、最大限の
ある意味尊敬の念を出した試合だった
のではないかと思います。

ケガで早く引退してしまったことは本
人が一番残念なことかもしれませんが、
第二の人生を頑張っている中村さんを
陰から応援していきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です