引退後レスラー

木村浩一郎の死因や名勝負の試合動画!入場曲や結婚や嫁は?

こんにちは!今日もプロレス観戦していますか?

今回はプロレスラーとして異彩を放っていた
木村浩一郎にスポットを当ててみたいと思います。

ガチンコが強かったと有名ですが
残念ながら2014年に逝去しています。

その死因なども含めて
木村浩一郎の人生を振り返ってみます。

木村浩一郎はプロレスラーの他、
総合格闘家としても知られています。

まずは木村浩一郎の
プロフィールを見ていきましょう。

木村浩一郎のプロフィール

  • リングネーム : 木村 浩一郎 / スーパー宇宙パワー
  • 本名 : 木村 浩一郎
  • 身長 : 185cm
  • 体重 : 90kg
  • 誕生日 : 1969年11月18日
  • 死亡日 : 2014年10月28日(44歳没)
  • 出身地 : 群馬県館林市
  • スポーツ歴 : レスリング / 総合格闘技 / 柔道
  • デビュー : 1990年7月18日

大東文化大学に在学中に、
サブミッション・アーツ・レスリング (SAW)に入門しました。

SWAで格闘家としての基礎を積み、
1990年にFMWに参戦してプロレスラーとして
デビューを果たしました。

その後、W★INGにも参戦して、
格闘三兄弟の一人として活躍しました。

格闘三兄弟とは、柔道の徳田光輝と空手の齋藤彰俊と
レスリングの木村浩一郎が組んだユニットです。

1991年のリングスの旗揚げ戦にも参戦し、
その後はリングスルールでも試合をするようになりました。

その後、空手家の青柳政司が設立した
新格闘プロレスに入門したのですが、
ほんの短い期間で空中分解してしまいました。

西日本プロレスを経てフリーとしての道を歩む事に。

1994年に格闘家としてのピークを迎えます。

修斗主催のVALE TUDO JAPAN OPEN 1995に出場し、
準決勝でヒクソン・グレイシーと対戦するも
わずか1R2分7秒にスリーパーホールドで一本負けを喫す。

体格の差を活かす事が出来ず、
全く良いところなく一方的に負けた試合です。

当時自分はプロレスラーとして
格闘技戦に出た木村浩一郎を
応援していましたが、あっけなく負けてしまい
ショックを受けました。

この後に高田延彦もヒクソンに完敗するのですが・・

1997年になるとDDTプロレスリングに参戦します。
DDTではスーパー宇宙パワーという覆面レスラーになり
厳しい試合をする事で有名になります。

DDTでは2000年から現場監督に就任し、
若手を厳しく鍛え上げるようになりました。

2003年にはWJプロレスリングに参戦して
佐々木健介とも一騎打ちするなど
随所で木村浩一郎は重宝されていました。

その後はバトラーツやハッスルなどの
リングでも活躍しましたが、
突然2014年に死去してしまいます。

木村浩一郎の死因は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2014年10月28日に突然死去してしまった
木村浩一郎ですが、一体死因は何だったのでしょうか?

詳しい経緯は公表されていませんが
直接の死因は肺炎です。

最後となってしまった試合は
2014年の8/7の群馬県館林市の
下町駐車場特設で行われた館林七夕祭りプロレス
が最後の試合として記録されています。

8月に試合をして10に死去されてる事から
2ヶ月の間に体調に何らかの異変があって
闘病されていたのではないかと推測されます。

木村浩一郎の魅力とは?

木村浩一郎の魅力は
様々な修羅場を潜った深いキャリアに裏付けされた
ファイトスタイルとオーラではないでしょうか。

リングス時代もいきなりシュートを仕掛けたり
WJでの道場でのスパーリングでも
有名選手を極めちゃった話もあります。

そんなガチンコが強い選手が
スーパー宇宙パワーなんていう
マスクマンになってしまうアンバランスさも
魅力があって良いですよね。

こんな話も残っています。

WJに参戦していた当時、
試合時間と勝敗だけは約束してくれとの
取り決めがあった石井智宏との試合で
試合時間ギリギリまで石井をいたぶって
遊び、約束の時間になったらいきなり負ける
という試合をした事があります。

WJといえばギャラの遅延や未払いなどの
問題があったので鬱憤ばらしのために
そんな試合をしたのではないでしょうか。

木村浩一郎の結婚や嫁は?

木村浩一郎のプライベートは
インタビューなどでも全く触れていないので
おそらくご結婚はされていなかったと思います。

昔の雑誌を引っ張り出しても
嫁の話などは出て来ませんでした。

木村浩一郎の入場曲は

『ターミネーター2』のメインテーマです。

木村浩一郎の名勝負の試合動画

最後に

どうでしたか?

今回は木村浩一郎の人生を
振り返ってみましたが、
初期の格闘技を語る上では
欠かせない人物である事がわかります。

そんな技術を持った上で
マスクマンとしても活躍して
木村浩一郎の度量の大きさがわかりますね。

当時のDDTはインディーの中でも
線が細い選手が多い弱小団体でしたが、
木村浩一郎という人間がいたから
周りの団体から一目置かれるような
団体であった事は間違いありません。

木村さん、
DDTはでっかい団体になりましたよ!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です