引退後レスラー

片山明の現在や引退した理由は?試合動画、入場曲、結婚は?

みなさまは片山明という
選手をご存じでしょうか?

30年以上も前にデビューした選手なので
分からないと言う人が多いかと思いますが、

実は彼は試合中の事故で大怪我を負い
現在は復帰に向けてリハビリ生活を送っている

選手なんです。

片山明とは?


(出典元)http://www.showapuroresu.com/bio_j/ka/katayama_akira.htm

まずはプロフィールを紹介します。

・本名:片山 明(かたやま あきら)
・身長:174センチ
・体重 : 95キロ
・生年月日:1964年7月12日
・出身地: 岡山県出身
・デビュー :1986年5月26日

高校時代から柔道・ボディビルで体を鍛え
新日本プロレスに入門しました。

デビューは1986年。同世代にはライガーや鈴木みのるがいます。

小柄ながらも全力のファイトで
一部では「小鉄2世」というニックネームを
付けられるなど期待されている選手でした。

引退の理由は?


(出典元)https://www.scoopnest.com/ja/user/njpw1972/514320888502571008–njdest-njpw

片山はデビューした2年後から
相次ぐ怪我に悩まされ、両肘を手術
その後左肩を手術、さらには左ヒザの
内側靱帯を負傷し、新日本を退団する事になりました。

その後、SWS所属で復帰し
ジュニア戦線で再起をかけるも、
1992年、試合中のトペ・スイシーダで首を強打。

相手選手の前で失速し
首から場外マットに落ちる形になりました。

すぐに救急搬送され、病院で診断の結果
第4頸椎脱臼骨折。

半身不随の重傷となりました。

この怪我によって片山の
現役生活は5年という短さで終わる事に。

現在はリハビリ施設で車椅子生活を
送っているため、事実上引退となりました。

しかし!本人は引退をしていないと言い張り、まだ復帰を諦めていないそうです。

皆さん こんにちは!片山 明 です。
私の事をずっと忘れないで覚えていてくれたファンの方々、私の事を知って
いただいたファンの方々、温かい応援、
沢山の方々の支援・協力、そして
ファンの皆さんからの
応援メッセージのおかげで、私は大きなパワーと勇気を
いただく事が出来ました。

そして先日やっと試合会場にも
入場する事が出来ました。

ご存知の通り
私は未だ手足を満足に動かせる身ではありません。

しかし、引退をした覚えもありません。
図々しくも自称プロレスラーです。

このような言葉は、怪我が治るまでは
決して表に出すべきではないと
考えていました。

もちろんこのような身でリングで試合が出来るなど、
微塵も思っておりません。

今、この状態の私を見ていただいて
ほんの僅かでもプラスに何かを
感じていただければ嬉しく思います。

皆さん私の事で涙しないで下さい。私は生きています!
そして再び、大好きなプロレスの世界に1歩帰る事も出来ました。

科学・医学は、急速に発展しています。この怪我の治療法が完成する日も
必ず訪れます。
今後また観戦に来たいと思っていますので、
皆さんと
お会いする事もあると思います。
一緒にプロレスを楽しみましょう!。

片山 明 自称プロレスラー
怪我により只今休業中。

とメッセージを残してるように
再びリングに上がるために頑張っています。


(出典元)https://ameblo.jp/gk-kanazawa/entry-11932727738.html

現役時代、得意技としていた頭から
突っ込むトペ、通称「片山ロケット」。

その技を復活させるために
サンドバッグに頭突きをして、
強靭な首回りになるように日々鍛えています。

片山はリングに復帰する
日をこれっぽっちも諦めていませんよ!

試合動画を紹介。


(出典元)鈴木みのるTwitterより

片山明は現役生活が5年だったため
試合動画は残っていないんですが、
2016年、岡山県の「吉備の里ふるさとまつり」
というイベントに参加した際の動画が
あったので、それを紹介します。

彼のコメントは4:00〜になります。

とっても大きな声で、
「プロに負けないくらい、プロレスの情熱、そして愛を持っています!」

と力強く宣言してました。
目つきも力強く、現役レスラーなみの秘めた闘争心を感じますね。

結婚はしてる?


(出典元)https://ameblo.jp/greatmutiger2015/entry-12203969836.html

片山はデビューして怪我をする前に結婚をしていたそうです。

楽しいはずの新婚生活が
怪我により一転。

胸から下から動かない生活に
当時はとっても大変だったんだなと胸が痛みます。

それでも支え続けた奥さま。
片山は「身の回りの世話をしてくれた妻には感謝してもしきれない」と言っています。

新日本プロレス時代の同期である
大矢剛功とは今でも交流が深く、
年に3回は家族ぐるみで片山家でバーベキューをしているそうです。


(出典元)https://ameblo.jp/gk-kanazawa/entry-11932727738.html

手前の犬を抱いている女性が奥様でしょうか。とっても優しそうな方ですね。

まとめ


(出典元)https://ameblo.jp/igo-yama/entry-12220678452.html

デビューしてたった5年という短さで
リングを離れる形になった片山。しかし、

プロレスは、私の人生そのもので、諦めてはいない。努力が必ず報われるとは
限らないが、その体験が自信になる。

夢に向かい勇気を持って
一歩踏み出すことが大切だ。

と語っています。チャレンジを諦めない
彼の姿勢や言葉は、多くの人に力与えてくれます。

片山の言葉を信じ、我々もリングに上がる彼の姿を待ちましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です